投稿日:

借金返済が困難になった場合の選択肢

借金は必ず返済しなければいけないものですが、失業や病気などで借金返済が困難になった場合にはいくつかの選択肢があります。
まず最初にやるべきこととしては、将来にわたって返済が可能であるかどうかの判断です。収入に対して借金の方が明らかに大きい場合には債務整理といった法的な救済制度を利用するしかありません。一方で、頑張れば返済可能な金額であれば有利な条件のローンに借り換えたり、また複数借金がある場合には一本化するといったことがあります。一本化して返済に専念することで信用情報に傷を付けることなく借金返済を行うことが可能です。
しかし、現状の借入金額が明らかに大きく減額してもらわないと返済できないといった場合には任意整理か個人再生を利用することになります。任意整理は弁護士などに仲介を依頼して借金の減免を求めるものです。信用情報機関に事故情報が登録されますが、裁判所を通さないで手続きが出来るので、官報などに住所氏名が掲載されません。一方で個人再生は再生計画案を作成しそれが裁判所に認められることで大幅な減免を受けられるというものです。個人再生では将来の収入があり、かつ借金が住宅ローンを除いて5000万円以内であることが条件ですが、住宅ローンを別扱いにできるのでローンを組んでいる住宅がある場合には手放すことなく減免を受けることができます。
一方で将来を見ても借金返済がまったく不可能となった場合には自己破産か夜逃げをして借金の時効を迎えるしか方法がありません。

リボ払い 借金地獄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です